読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

精神科医のブログ 臨床・生活・教育・経済

精神科医が語る、医療、生活、教育、経済のブログです。

摂食障害治療 抗うつ薬 2006年のまとめ研究

先日検索した中の論文の内、下記のものを読んでみました。

www.ncbi.nlm.nih.gov

 

結論的には「結論がでない」というもどかしいものでした。

色々な研究の結果をまとめて、全体としてどうかという研究なので信頼性はおけるのですが・・・

 

まず、この研究、古いです。
2006年なので10年以上前の結果と言うことを踏まえるが必要あります。

 

7件の研究が見つかったけれど、情報の質が悪くて結論が出せないということ。

情報の質の悪さというのは・・・

 

  • 研究に参加している人数が少ない
  • 7つの研究の結果を合わせようにも、それぞれが別の物差しで結果を見ているので合わせることができない。
  • 7つのうち4つが偽の効果がない薬と抗うつ薬を比較しているけれど、意味のある差があるとは言えなかった(これは差がないといいきれるわけでもない。つまりよくわからないという結果)

 

わからないですね。